• 0078eafz0ea0sea08fvvexw34lrgq640eh
  • 本当の本物だけを届けたい・・・
    【安心と安全の有機栽培】

    【 miuトマト 】

    自分の子供に安心した野菜を食べさせたいとの思いから当園は化学農薬、化学肥料を一切使用しておりません。

     

    miuトマトは化学肥料を一切使用せずに栄養分として、カツオとコンブが主体の米ぬか肥料を与えています。

    海の幸を肥料にすることから、

    海(うみ)を逆さにして

  • StarTech.com HDMIエクステンダ Cat6ケーブル使用 Power Over Cable対応 4K/60Hzでは最大30m 1080p/60Hzでは最大70m ST121HDBT20S
  • 『miu(みう)トマト』と名付けました

    一株ごとの水分量を調節することでトマトに適度なストレス刺激を与え、植物の本能を刺激し甘みをより強く引き出す事ができます。  

    高い糖度でその甘さはまさに高級フルーツ!

    さくらんぼ並みの甘い糖度で大人から子供まで大人気!

  • [ハンディスキャナ]【送料無料】(株)オプトエレクトロニクス OPTICON 小型定置式1次元バーコードスキャナ NLV-1001-USBCOM 1個【115-3936】【代引不可商品·メーカー直送】【北海道·沖縄送料別途】【smtb-KD】
  • 糖度は8.5以上を保証し出荷🍅

  • [MC1032] MASTER&CO.(マスター&コー) PUEBLO 21mm W RING BELT 【メール便対応可·メール便送料無料】oLL
  • 有機栽培で日本一のトマト を目指しています。

    海の幸の肥料が育む旨味

  • スキンタイムセス 3.5D Plus ザ·マルチベースBB(ライトベージュ/ピンクベージュ) バイオプログラミング公式ブランド(メーカー:リュミエリーナ)
  • 海の幸カツオとコンブ主体の肥料を使用

    甘みだけでなく、後味にうま味が残る特別な味のトマトに仕上がっています。

    美味しさ重視の限定生産

    生産量を犠牲にしてでも美味しさを優先しました

    月間生産1t未満の稀少性から【幻のトマト 】とも呼ばれています。

    完熟のみを収穫し出荷

    樹で完熟したものだけを厳選し収穫!

    だから美味しさが本物です。

    ●miuトマトを使った料理で1ランク上の味に

    うま味成分たっぷりのmiuトマトはプロから選ばれる至宝の食材であり、家庭料理に使えば1ランク上の料理に仕上がります。

    miuトマト料理レシピはコチラ

    美味しさのヒミツは

    【有機栽培×袋培地栽培】

     

    大型の袋に有機肥料を混ぜた土を入れて、苗を植える「袋培地栽培」と呼ばれる農法でトマトを育てています。

    露地栽培とは違い、土壌病害の影響を受けにくいのがメリットです。

    また、根域制限といいまして、成長して伸びた根が、袋から出たくても出られないという負荷を与えます。

    水分量だけでなく根域制限のストレス刺激により、次世代に栄養を残そう として実の方にカツオとコンブの栄養がしっかり届くようになり、より甘く美味しい唯一無二のトマト になるのです。

    【有機栽培だから美味しい?】

    有機栽培はほとんどの農薬が使えません。

    農家さんから「農薬って言っても有機のそんな水みたいなので効くの?」と言われます。

    病気や害虫に対して農薬1発ok♪という育て方ができません。

    正直、水で洗い流すレベルのことをいつも必死でやっています(笑)

    有機栽培だから安心安全なのは確実です。

    有機栽培だから美味しいというよりも、農薬に頼らない栽培を行うことで、常にトマトと向き合い、考え、観察して病気や害虫を出さないためにどうすればいいのか?と必死で考えで丁寧な栽培 をすることで結果的に美味しいトマトに成長してくれるのだと思います。

    ※2019年3月 当園は有機栽培

    (有機jas)の認証を取得しました。

    ※以後年次更新継続 

    3.4L:ミスターポストマン支店 DIY·工具 マホガニ 水性XDエクステリアS ワックス 【商品コード:13006506999】 マホガニ 【最高の品質】!-DIY·工具

    農林水産省hpより抜粋

    有機栽培(有機農業)は、自然が本来持っている多様な生態系の機能を活かした、自然のしくみに逆らわない農業であり、農産物の生育環境を健全に保つことを重視しながら生産する農業です。

    農薬や化学肥料を使用することで作業効率はあがりますが、それをせずに土の中の微生物の働きにまで目を向けて土づくりに励み、農産物を栽培します。